ネットミュージック速報

ネット発祥アーティスト、ボカロ、EDMなどなど。ネットに関するおすすめ音楽情報をスマートにお届け!! (守備範囲:Youtube、ニコニコ)

カテゴリ: コラム

どうもこんにちは、熱いものをを食べたら口内が荒れたおひたしたろうです。

ボーカロイドにはいろいろな曲があり、様々なジャンルの曲がありますが。皆さんはどんな曲が好みでしょうか?私は電子音がポコポコピコピコしている、いかにもパソコンで作りましたって感じの曲が好きです。

そこで今回は私が好きなエレクトロなボカロ曲をいくつかご紹介していこうと思います!!!




1.【Tomorrow / 八王子P】


この絵といい、この雰囲気といい、めっちゃ透明感のある電子音がとても心地良いので大好きです。たぶん八王子Pの曲の中で一番好きです。



2.【Yellow / kz】

この曲はDIVAの曲なので(たぶん)オリジナルがYouTubeにもニコニコにもなかったのでこの動画を貼りました。それにしても良い曲ですね自分の中でボカロと言えばkzさんの曲のイメージがあります。



3.【ヨヅリナ / ピノキオピー】

サビはあんま好きではないのですが、全体的にバックでなっている音が好きなので大好きです。そして曲の雰囲気も好きです。



4.【ランドリーノート / 歩く人】

電子音というか。電子音もあるのですが他の生活音のような音がとても心地よいです。歩く人の曲はどれも多彩な音で彩られているのでASMRのような癒しがあるのでおすすめです。



5.【never ender / kz】

確かkzさんが初音ミク10周年の時に書き下ろした楽曲。構成がEDMのようで、いかにもエレクトロって感じがして好きです。私がEDMを好きになるきっかけになる曲です。



6.【Heal / *Luna】

数多くの曲を聴いてきましたが、その中でもトップ10に入るぐらいに聴いた曲です。動画、曲全部がエモくて最高です(語彙力)



7.【逃避ケア / lumo】

もはやボーカロイドを楽器として使っているかのような曲。いままでとは質の違う電子音ですが、この独特のリズムと疾走感が癖になります。



8.【Outernet Explorer / lumo】

lumoさんの作る曲はどれもいいですね、電子音満載なので大好きです。私と嗜好が似ている人はlumoさんのチャンネルを一度訪れてはいかがでしょうか?



いかがでしょうか。これを期にエレクトロなボカロ曲を好きな人が増えてくれたら嬉しいです。



〇他の記事もぜひ↓↓↓






どうもこんにちは、最近色々と忙しいおひたしたろうです。

皆さんはMMDというものをご存知でしょうか?普段みなくても名前を聞いたことがあるという方が多いのではないでしょうか。

MMDとはMikuMikuDanceの略称で、名前の通り初音ミクなどのキャラクターの3DCGモデルを動かしてアニメーションを作る3DCGソフトウェア、またはそのアニメーションのことを指します。初心者でもけっこう簡単に作れるみたいなので気になった方は是非作ってみてはいかがでしょうか。

さて、今回はそのMMD動画の再生数ランキングトップ「らへん」の動画を紹介していこうと思います。というのも、先日MMDのトップはどんな動画なのかなと思い調べたところ、予想の斜め上を行く動画だったのでそれは番外編で紹介します。



1.
【第7回MMD杯本選】Sweet Magicを魔法使いが踊ってくれました


動きの滑らかさ。動きの見せ方がすごくうまいと思います。そして踊りに本物の人間らしさがあり、とにかく可愛いの一言に尽きる動画です。



2.【MMD】ミクネル極楽浄土(TDA MIKU NERU gokuraku joudo)


カメラワークはほとんどないが、そんなことがどうでもよくなるほど動きが洗練されている動画。個人的にこのモデルは透明感があって好きです。



3.初音ミクが声優のようにしゃべってラップして歌った!『ビバハピ』

まさにオリジナルにして頂点。初音ミクの声の人間らしさと動きの完成度が相まってすごい完成度ののMVとなっている。ここまで初音ミクが可愛い動画はまずないでしょう。



4.
【MMD】ピカピカ衣装で「気まぐれメルシィ Kimagure Mercy」
うわあああみんなかわいいいいっ!!!てなりました。動きが完全一致のところがちょっとシュールで面白いですが、5人分を動かすなんてすごいと思います。



5.【IA OFFICIAL】SEE THE LIGHTS feat. IA / ASY (MUSIC VIDEO)
IAのオフィシャルが公開したこの動画。やはり公式なだけあってクオリティが半端ない。動きも本物のプロダンサーっぽくてすごいですが、逆にすごすぎて笑っちゃいます。



6.[MMD]ライアーダンス/Liar Dance[TDA式改变MIKU LUKA RIN]
曲に合わせたのでしょうか?なんか三人の顔が病んでいて怖いですが、MMDの技術は本物。多くの紳士達が画面を止めてたり、スローにして楽しんだことでしょう。




いかがだってしょうか?やっぱりキャラクターが動くっていいですよね。今後は海外のMMD(番外編)や紳士用のMMDをまとめていけたらなと思います。




〇他の記事もぜひ↓↓↓



 


皆さん最近いかがお過ごしでしょうか?

つい最近ハロウィンがあったこともあり、なかなかに濃い一週間だった方もいるかもしれません。

さて、皆さんにもこういったちょっとした近況や、最近感じたこと思ったことがたくさんあることでしょう。そして、それらを誰かにシェアしたいな、なんて思った時はTwitterに呟いたりとSNSに投稿したりしていますよね?そうですよね?

ボカロPのみなさんもTwitterで様々なツイートをしており、それぞれの日常が垣間見えた個性的なつぶやきばかりでみてて楽しいです。
そこで今回は、そんなボカロPたちののツイートを集めてみました!!!

〇part1




































いかがだったでしょうか。どの方も個性的で面白いツイートばかりでしたね。
今後も毎週日曜に、その週のボカロPたちのツイートをダイジェストでお送りいたします!!!
〇part1





〇他の記事もぜひ↓↓↓



どうもこんにちは、昔あのパンプキンが怖かったおひたしたろうです。


もうすぐハロウィーンですね。
先日、渋谷のハロウィンでは酒類を販売しないようになったり、マナー順守対策で渋谷区が1億の予算を設けるなど。いよいよでっかいイベントになってきたな~と思うところです。マナーがしっかりしていれば、将来的にはかなりでかいコスプレイベントになるかもしれませんね。


さて、今回はそんなハロウィンにちなんで、ハロウィンをテーマにしたボカロ曲をいくつかご紹介出来たらなと思います。



1.【Happy Halloween / Junky】

もう名前が「Happy Halloween」というめっちゃハロウィンの曲。実際ハロウィンと聞いたらこの曲を思い浮かべるぐらいハロウィンっぽい曲だと思います。



2.【Mrs.Pumpkinの滑稽な夢 / ハチ

ハチさんがこんな曲作ってたなんて知りませんでした。相変わらずのハチさんっぽい曲だなーと思います。割とリアルなハロウィンな感じが他の曲と違って良いですよね。



3.【東京百鬼夜行 / 40mP】
どっちかって言うと、ハロウィンのお化けというか妖怪って感じの曲。このハロウィンを和風アレンジした感じが私にはたまりません。



4.【さあ、どっち? / HINATA Haruhana】

いったいどこがサビなんだと思ってしまうほど、淡々と進んでいく曲。しかし、その淡々さがハロウィンにあっているのかもしれない(?)



5.【たりないかぼちゃ / ピノキオピー】

どうやらファミマのハロウィンのやつで使われたらしい曲。確かこんなキャラを見た時があるような…確かこの曲を聞いた時があるような…みたいな曲。




6.【ナイトメア☆パーティーナイト / くちばしP】
あまりハロウィンぽくないが、ハロウィン曲です。DIVA用にってことで音ゲーぽくしたそうです。これを聴いていると、あーくちばしさんっぽいなーと感じます。




いかがだったでしょうか。
どうでもいいんですが、渋谷のハロウィンにコミケのコスプレ勢がわーって参戦したら楽しくなりそうだなーって思ってます。




他の記事もぜひ↓↓↓






どうもこんにちは、塩分摂り過ぎおひたしたろうです。

VOCALOIDというものが生まれてから10年とちょっとが経ちましたが。皆さんの知っているVOCALOID関連のキャラクターはどれくらい思い浮かぶでしょうか?

初音ミク、鏡音リンレン、GUMI、IA…

25017とまあ、「VOCALOID」を思い浮かべると思いますが、かつてVOCALOID界隈には「VOCALOID派生キャラ」というものがあったんです。(今でも現役のもいますが)

例えば「はちゅねみく」とか、「雪ミク」といったところです。「雪ミク」なんかはバリバリの現役ですよね。他にも「桜ミク」とか、ピノキオピーさんの「アイマイナちゃん」とかもVOCALOID派生キャラです。

といった感じで、元いるキャラに少しアレンジを加えたようなキャラクターが多い「VOCALOID派生キャラ」ですが。中には全くのオリジナルで生まれたキャラクターもいます。

そこで今回は、面白いボカロの歴史が生んだ、VOCALOID派生キャラ『亞北ネル』について、何故どのようにして生まれてたのかを紹介していこうと思います!!!



〇亞北ネルとは
119502712352516105887VOCALOID派生キャラの一人で、初音ミクをモチーフにしており、ガラケーを持った金髪サイドテールが特徴のキャラクター。

 ・年齢 17歳
 ・身長 150cm
 ・体重 38kg

このガラケーが、どうしてこの亞北ネルというキャラクターが生まれたのかのヒントだったりする。



ラマーズPさんの「トリプルばか」にも、歌ってはいないが登場している。




〇なぜ亞北ネルが生まれたのか

当時、初音ミクの人気が勢いづいていた中、2007年10月14日にTBS[アッコにおまかせ!]で初音ミク特集が放送された。しかし、まるでオタクを卑下するかのような内容だったこともあり、ネット上の一部(主に2ちゃんねる)では騒動とならざるをえなかった。

10月17日深夜頃、比較的メジャーな検索エンジンにて「初音ミク」を画像検索すると、初音ミクのイラストが有っても、同じページの無関係な画像ばかり検索結果に反映される現象が指摘され始める。特にGoogleYahoo!JAPANなど大手検索エンジンに顕著な傾向が見られた。これは後に「初音ミク画像検閲事件」「初音ミクの消失」などと呼ばれる一連の騒動の始まりであった。

それらの出来事に、更にはウィキペディア日本語版の「初音ミク」項目の削除なども加わって、「初音ミクを貶めようとする何者かが、各所にデジタル八部(Google八分)を働きかけているのではないか?」といった憶測が[2ちゃんねる]ニュース速報+板などを中心に語られ始める。翌18日にニュースサイト[ITmedia]にてこうした状況が取り上げられると、大手ポータルサイトなどにも配信されて騒ぎは更に拡大した。

そんな中、これらの憶測を否定し、騒ぎを沈静化させようとするかのような書き込みが掲示板上に増え始める。それらはどれも内容が似通っており、しかももう飽きた』 『寝る、お前らも寝ろよ』などその場の雰囲気をいかにも誘導しようとする書き込みが数秒間に複数書き込まれるなどしていたため、その不自然さから組織的な書き込み工作ではないかと疑問が持たれた。


しかし、ただの釣りの可能性もあるので工作員はその正否を巡って延々とループしていたが、そんな工作員の存在を決定図けたのが『ネット史に残る一本釣り、伝説の52スレ目』である。
【ネット】 なぜ? 「初音ミク・画像」「亀田・反則」、ネット上から“消えた”…電通やTBSの陰謀との説も★52
上記スレの>>23で仕掛けられたIPトラップに工作員が見事に引っ掛かり>>186でIPアドレスから工作していたと思われる会社の情報が晒された。その後もう飽きた』 『寝る、お前らも寝ろよ』などの書き込みがパタリと無くなる。


そして11月1日、この工作書き込みを行ったとされるアルバイトらしき「工作員」を萌え美少女化し、上述の「飽きた」「もう寝る」をもじった「亞北ネル」なるキャラクターのイラストと設定が、ニュース速報+板の初音ミク関連スレッドに投下された。

カキコロイド「亞北ネル」” として投下されたイラスト
(防火ロイド「亞北ネル」より)
119502659045516327567


亞北ネルはこうして、非常に複雑ないきさつの末に誕生した。

(ニコニコ大百科より一部引用)


最初の頃は、「ボカロ界隈に敵対するキャラ」として見られていたが、本当のところはにも負けないほどVOCALOIDたちのことが好き」であり、「心ならずもアンチ的な行動を取っている」とのイメージは、すでに発祥当時からられていました。

その後は、声がない亞北ネルにどれだけ相応しい声を付けられるかと多くのボカロPが奮闘していたようです。

【ウタタネ / pocomo】


【ゴチャゴチャうるせー! / オワタP】



おまけ

〇亞北ネロとは

553031亞北ネル騒動の後の2007年11月21日にて、Yahoo!JAPANの画像検索結果が長期に渡って異常が指摘された。また指摘された箇所の修正に即座に対応していることから、中の人がリアルタイムで修正しているとされ、その修正しているのが亞北ネルの弟だ、という想定のイラストが22日に投下された。

若干長めのと同色かそれに近い色をしており、クセ毛(アホ毛が一本伸びている。容姿以外の基本設定は、亞北ネルで13歳であるということ以外は特に決められていない。




いかがだったでしょうか。ボカロ文化にこんな歴史があったなんて面白かったですね。





他の記事もぜひ↓↓↓






↑このページのトップヘ